« マドンナライブ | トップページ | 放置Blog »

2006年9月26日 (火)

最初で最後のトラックバック

作家の室井佑月のblogが今日でラストを向かえた。

著名人5人が一斉にココログで記事を書き始めた頃から、更新されるたびに欠かさず読んでいた唯一のblogだ。

室井佑月がお金をもらってblogを書いていると以前に書いていたが、現在ココセレブに登場しているほとんどの著名人は、ニフティからギャラは発生していないと思う。ココログというサービスが十分に社会的な知名度も得て安定したからこそ、上期が終わるこのタイミングで契約が切れたんだと思う。

会社としての方針は十分に理解できるけれども、室井佑月のblogが読めなくなるのはあまりにも残念だ。

彼女自身の言葉で綴られる記事は、きっとその時感じた気持ちをそのままストレートに書いたものだと思う(そう思いたい)。取り上げられた出来事の数々は、時に「まぢかよ?」と異国の地の出来事のように感覚の違いに驚いたり、「すげーわかる!」と一緒に同調したり、そんなにプライベートなことを語っても平気なの?と心配になるような内容があったり、時にはトラックバックをつけている読み手とのやり取りがあったりと「飽きる」という感覚を一度も感じさせてくれなかった。

blogを通じて一番感じたのは、どんな内容の記事を書いていても(怒ってる内容でも)彼女の書く文章からは、どこか優しい視線で出来事を捕らえて書いているなって。本人がそう思っているかどうかは別として。

後半になってからは秘書の神林さんのblogも立ち上がって、表と裏から同じことを捉えているかのような面白さもあってまた新しい魅力を追加した。

本当に楽しいblogだったので、ぜひまたどこかで再開してほしいな。と思う。

そのときは、ばんばんトラックバックを打たせてもらいたいな。

室井佑月さん、今まで楽しいblogをどうもありがとうございました。

|

« マドンナライブ | トップページ | 放置Blog »